購入検討中なら是非知っておこう!太陽光発電の発電方法

SERCH
NAVIGATION

見積もりの取り方

実際に太陽光発電を取り付けようと思ったときに、どの程度の料金がかかるのか見積もりは立てられるのか疑問に思ったため、調べてみました。
現在ネット上でも複数の業者から、無料見積もりが出せるようで、築年数や屋根のタイプなどを打ち込んでいくと大体の見積もりが出るようです。
車やバイクのような分かりやすいものではないですし、家の形状や屋根の形によってもかなりの違いが見られると思うので、実際のところはネットでは難しいのではないかと思います。
使っている給湯器や調理機器の種類などによっても違いが出てくるようなので、大体の好みと価格を見て、希望の業者さんに本格的に来て頂いて、見積もりを立ててもらうのがよいでしょう。
見積もりに来て頂いたら、屋根の形状や材質に合う取り付けをしてもらえるのかどうか、どのくらいの規模で導入できるのか、屋根への設置方法はどのようになるのか、外観はどのくらい変化するのか、屋内と屋外の工事部所はどこで、どのくらいの期間かかるのか、太陽電池のメーカーやその種類はどんなものか、適正な料金設定かどうか、補助金制度は利用できるか、保障の期間と何を保障してもらえるのか、アフターフォローのサービスはあるかなどのチェックポイントをしっかり抑えておきましょう。
補助金についてですが、太陽光発電普及拡大センターによると、補助金の対象となる太陽光発電システムの価格が、交付されている金額が税抜き価格で、kW単価60万円以下となっています。
その為、この価格が基準となっているようです。
初期費用が高額な為、やはり補助金の交付を受けて、太陽光発電システムの設置を考えたいという人が多いのが現実です。
ですから販売店でも、価格設定を最初からkW単価60万円以下に設定して見積もりをする販売店が多くなっています。
そうはいってもこのkW単価とは一体なんなのでしょう。
太陽光発電システムの価格は慣れていないと大変わかりづらいものです。
見積書をとっても複雑でなぜこんな金額になるのかが簡単には理解できません。
分かりやすくする為にkW単価という考え方を用いて価格を見るのです。
kW単価の算出の仕方ですが、これは主にかかる工事費や部品等の代金などを含めた、太陽光発電システム設置全体にかかる価格を、太陽光発電量で割ると算出されます。
例えば、5kWのシステムの価格が300万円の場合、kW単価は300÷5で、60万円です。
4kWのシステムで240万円の場合、kW単価は240÷4で、60万円となります。