購入検討中なら是非知っておこう!太陽光発電の発電方法

SERCH
NAVIGATION

扱う会社について

太陽光発電の機器を扱っている会社はいろんな電気機器を作っているメーカーです。
大きく挙げられるメーカーとしては、シャープ、パナソニック、京セラ、東芝、三菱電機、昭和シェル系のソーラーフロンティア、カナディアン・ソーラー、中国に本拠地のあるサンテックパワーなどです。
メーカーによってそれぞれ強みとなる売りがあるようです。
京セラというとカメラのイメージが強かったのですが、ハイブリットカーのプリウスなどにも搭載されている太陽光発電に強いメーカーだった事に驚きました。
ソーラーフロンティアの太陽光パネルはグッドデザイン賞を獲得したほどの美しいパネルだそうです。
他にはパネル等機器の価格を安価に抑えているところや軽量でコンパクトという面を打ち出しているところ、強度に力を入れているところ、変換効率といって電気の直流から交流への交換効率がよいものに強いところなど、メーカーによって特徴があります。
このように沢山のメーカーがあるので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。
どこのメーカーを選ぶかによって変わってくるもの、特に重要なのは、パネルの設置です。
それプラス価格も大きいものですし、発電の能力と変換効率はどうかというのも重要なポイントです。
初期費用がかなり大きいものですから、まず太陽光発電のシステムを入れることが、我が家にとって今必要なのかどうかも慎重に吟味したいところです。
太陽光システムを導入したらメーカーさんと長いお付き合いとなるわけですが、パネルの保障とかその他の機器の保障とかはどうなっているのでしょうか。
特にパネルは屋根に設置するわけですから、例えば自然災害等の保障があるとよいなと思いますが、先に挙げた会社で自然災害で保険対応のできるメーカーは1社のみで京セラだけでした。
京セラは、火事や雷、台風、洪水等が保障の対象となっているようです。
パネルの保障期間は10年間、20年間、25年間とメーカーによって違います。
パワーコンディショナーについては各社10年間の保障期間でした。
モニターについてはシャープが10年間保証ですが、他は1年間、2年間という保障期間が一般的のようです。
各社共通していたのが、雨漏りへの対応が不可というところでした。
定期点検についてもフォローしているところは少なく、定期的に行っていても有償扱いが多かったです。
保障などは別途に契約することが多いようなので、実際に施行してくれる会社に相談してから利用するメーカーを決める方がよさそうです。
有料の保険も各社様々なので、比較してみて10年先を考え検討する必要がありそうです。