購入検討中なら是非知っておこう!太陽光発電の発電方法

SERCH
NAVIGATION

仕組みとは

まず、太陽光発電システムの中心が太陽電池です。
太陽電池の歴史は意外と長く、近代の技術の進歩によって、急速に性能が向上しています。
太陽電池は太陽光エネルギーを吸収し直接電気に変えるえエネルギー変換器です。
これはシリコンなどの半導体から作られており、半導体に光が当たることによ発電する「発電効果」いう仕組みになっています。
太陽電池は、p型とn型という電気的な性質の異なる2つの半導体を重ねることによって構成されています。
太陽光電池に日光が当たると、発生した電子(−)がn型半導体へ、発生した正孔(+)がp型半導体へ引き寄せられます。
こうして、表面と裏面につけた電極に電球などつけると電流が流れ出します。
太陽光発電の場合は、この太陽電池を利用して、太陽光エネルギーを直接家庭で使用できる電気に変える発電システムです。
具体的な流れは、太陽光パネルで太陽の光を受け、電気を創ります。
次に太陽光パネルで創った電気を、家庭で使用することが出来るようにパワーコンディショナーという機器を使って直流から交流に変換します。
パワーコンディショナーは他にも、太陽電池が発生する電力を最大限に引き出せるように制御したり、停電時には電力を供給するという自立運転機能もあります。
そして太陽光発電対応の分電盤で、発電した電気を各部屋のコンセントに送ります。
日中帯はこの太陽光で創った電気で、家の中の電気を賄います。
それをエネルギーモニタを通して、創った電気量、売った電気量や金額などを、グラフ知ることが出来ます。
また創った電気のうち余った分は、電力会社に買い取ってもらうことができます。
逆に雨天や夜間などで太陽光発電の電力で足りない場合には、もちろん電力会社から電気を買います。
これらのシステムを、運系運転といいます。
モニターを通じて電気の情報を確認できることが、省エネへの意識を高めることにつながっています。
つまり太陽光がグリーンエネルギーであり、環境的にも資源的にも次世代をゆくエネルギー産業を遂行している一員の意識は、太陽光発電の利用や理解のもとに日々の生活に根付いていくのです。
太陽光というエネルギー源の確保が簡単で、地球にも優しい太陽光発電システムにおいて、日本は世界と比較してもトップクラスの技術を持つ国なのです。
見積もりをとってみると分かりますが、価格では海外メーカーに及ばない点もあるものの、性能は全く劣りません。
今後もその導入量の更なる増加に期待するとともに、今後太陽光発電を検討しようと考えている人の前向きな姿にも期待します。