購入検討中なら是非知っておこう!太陽光発電の発電方法

SERCH
NAVIGATION

期待の太陽光発電

グリーンエネルギーとは、太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱などの自然の力を利用したものです。
これらによって発電された電力は、二酸化炭素の排出がほとんどあらず、海外からの資源にも頼らずに発電できるという、両方の利点を併せ持っています。
現在の日本では、石油や石炭などによる化石燃料を使った火力発電が、電力の6割程を占めています。
しかし、化石燃料を使用する電力の依存は、二酸化炭素などを多く排出し、地球温暖化を招きます。
化石燃料は、燃焼した際に二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させます。
また日本は、ほとんどの化石燃料を諸外国からの輸入に頼っています。
よって、太陽光発電はグリーンエネルギーとして期待されるものの一つであることが分かります。
加えて太陽光のエネルギーは、地球に到達する一時間分のエネルギーだけで、一年間に人類が消費するエネルギー量に匹敵してしまうほど巨大であるとも言われています。
太陽光発電は、地球のどこからでも活用することのできる再生可能なエネルギーを作り出す産業なのです。
よって、太陽光はもっとも期待できる次世代のグリーンエネルギーといってもいいかもしれません。
各家庭における太陽光発電の利用が、年々深刻化する資源問題や環境問題を解決に大きく導いてくれることとなります。
しかし、様々なグリーンエネルギーの普及において、問題も挙げられます。
どのグリーンエネルギーにおいても、設備にかかる費用が高く、太陽光に関して言えば日照時間などの自然的な状況によってエネルギー発生量が変動してくるため、発電コストは原子力発電や火力発電などと比較すると高くなっています。
つまり、太陽光発電を含むグリーンエネルギーの導入には、技術開発や更なる導入の拡大への取り組みが必要です。
それを進めるために、国によって様々な支援や規制などが行われています。
グリーンエネルギーを利用するための設備の導入の際に、その自治体や事業者に対し、設備価格の一部を補助したり税制優遇の措置をとっています。
電気事業者に対しては、利用する電気のうち一定量以上を、グリーンエネルギーを利用するよう義務づけています。
そうすることにより電気分野における導入の拡大を進めています。
太陽光発電では、発生した電力のうち使用しないで余った電力を、電力会社に売ることができます。
買い取り費用は、電気利用者全員で負担することになっています。
他にも、各自治体によって導入拡大の独自の取り組みを進めているところです。