購入検討中なら是非知っておこう!太陽光発電の発電方法

SERCH
NAVIGATION

グリーンエネルギーへの取り組み

ワタミの社長さんが、風力発電への参入を打ち出したのは昨年だったでしょうか。
3.11の東日本大震災から私たちの意識は180度変わったともいえるでしょう。
なかなか国レベルで地球の資源についてどう向き合っていくのかが明確でない中、ワタミの社長さんの素早い動きは驚きと共に素晴らしいと感じました。
ワタミグループが秋田県の市民風力発電プロジェクトに資金を貸し付けて、風車建設を支援することになり、今後風車による電力とCO2の削減という環境的価値の購入をされました。
ワタミグループが風車による電力と生み出される環境価値を購入するというのが大きな特徴であり、日本国内では初の取り組みとなっています。
年間の発電量はワタミグループ全体の電力使用量のおよそ3%に相当します。
大幅なCO2を削減することができ、排出されるCO2を2%削減することになります。
購入する電力は、ワタミが運営する介護付有料老人ホームで使用するそうです。
この発電機は2012年3月から稼働しているそうです。
このような風力発電や、水力、地熱、太陽光などの自然の力を利用してエネルギーを得るシステムのことをグリーンエネルギーと呼ばれているそうです。
いかにも地球に優しそうなネーミングです。
このグリーンエネルギーを利用して発電された電力は、CO2の排出がほとんどなく地球上のCO2が削減されますし、自国で発電できれば、石油等の資源のように外国に頼る必要がなくなります。
メリットは分かりましたが、グリーンエネルギーを投入するためには、まだまだ非常にコストが高いため、技術開発や導入拡大への意識の改革と取り組みが必要となってくるでしょう。
グリーンエネルギーの導入について、例えば太陽光発電は、設備、設定を行う為の価格が非常に高く、季節によって日照時間等の状況によって、エネルギーの発生量が変動するため、従来の原子力発電や火力発電などのエネルギーと比べてしまうと発電のためのコストがまだまだ高くなってしまう現状があります。
また、出力に不安定さがあり、震災後の地震状況とプレート、地形等の条件なども考慮しなければなりませんし、それによると設置できる場所も限られています。
しかし、現在グリーンエネルギー導入に向け、国による様々な規制や支援等の取り組みが行われています。
グリーンエネルギーの設備を導入する事業者や自治体に、税制優遇措置や設備価格の一部を補助する等の支援をしています。
また、電気事業者側には新エネルギーから発電される電気の一定量以上の利用を義務づけを行うことで、グリーンエネルギーの導入拡大を進めています。